メルセデスのクーペと名のつく「CLA」と「GLC」は、どちらが賢者の選択?

モデルラインナップが充実しているメルセデス・ベンツだが、最近はクロスオーバー的な「クーペ」が増えているようだ。そこで、4ドアクーペとSUVクーペのなかから「Cクラス」の対抗馬となりうる「CLAクーペ」と「GLCクーペ」の2台を乗り比べてみることにした。

メルセデス・ベンツ「CLA」と「GLC」のクーペ、賢い選択はどっち!?

 もともとクーペとは2ドアのクルマのことを意味していた。しかし2000年代になると、欧州プレミアムブランドからニッチなマーケットをターゲットにしたクーペスタイルの4ドアセダンやSUVクーペが誕生する。

 4ドアクーペの先駆けとなったのが、2005年に登場した初代メルセデス・ベンツ「CLSクラス」で、SUVクーペは2008年に登場した初代BMW「X6」だ。既存のプラットフォームを改良してクーペスタイルに仕立てたこれらのクルマは、予想以上の反響を受け、格下モデルでも同じ手法が取られることになる。

 メルセデス・ベンツの場合、CLSクラスの格下モデルとして「CLAクラス」がそれにあたり、BMWの場合、X6の格下モデルとして「X4」が販売されることになる。

クーペライクなCLAとGLC、どちらともにスタイリングは申し分ない

 初代CLAクラスは、2013年に発表され、当初の4ドアクーペに加え、2015年にはステーションワゴンの「CLAシューティングブレーク」も誕生している。現行のCLAクラスは、2019年1月に4ドアクーペが発表され、同年3月にシューティングブレークが発表された。

 一方の「GLCクラス」は2015年に「GLKクラス」の後継として登場。これは当時、メルセデス・ベンツにおいて車名を車格に合わせてわかりやすく整理したためだ。SUVの車種を示す「GL」と、車格を表す「C」を合わせてGLCとネーミング。プラットフォームはその名が示すとおり、「Cクラス」との共用となる。

 実質的にはセダンであるCLAクーペとSUVであるGLCクーペだが、じつは最大の競合車は同ブランドのCクラス・セダンであったりもするのだ。

 そこで同じ排気量の1991cc直列4気筒ターボエンジンを搭載し、同じく四輪駆動の「CLA 250 4 MATICクーペ」と「GLC 300 4 MATICクーペ」をCクラス・セダンと比べてみることにした(CLA 250 4 MATICクーペのエンジン型式はM260、GLC 300 4 MATICクーペのエンジン型式は264M20です)。

 両車と比べるCクラス・セダンは、現在日本で発売されているモデルのなかでもっともスペックが近い、1496ccの直列4気筒ターボを搭載し四輪駆動である「C200 4MATIC ローレウスエディション」(以下C200)である。

Gallery:【画像】メルセデス・ベンツのクーペライクな2台を写真で徹底比較!(32枚)