デジタル版スーパーカーカード!? ランボルギーニ公認デジタル切手とは?

スーパーカー世代の男性ならば、スーパーカーカードを集めた記憶があるだろう。ランボルギーニのデジタル切手は、いうなれば現代版スーパーカードのようなものだ。第1弾の「ウラカンEVO RWD スパイダー」が、現在発売中である。

「1963」や「5204」など、シリアルナンバーによっては価値が上がるかも!?

 アウトモビリ・ランボルギーニが、Bitstampsとコラボして、初のデジタルスタンプを発売。そもそもデジタルスタンプとは、どのようなものなのだろうか。

2020年5月に発表された、ランボルギーニの最新モデルであるウラカンEVO RWDスパイダー

 デジタルスタンプとは、ブロックチェーン技術を使った収集可能なデジタル切手のことだ。切手と同じく、収集したり他人と交換することもでき、デジタルスタンプを再販することもできるマーケットプレイスが、数か月後にオープンする予定だ。

 自分のスタンプを鑑賞したり、手に入れていないスタンプのチェックをしたりするのも楽しいが、Eカードとともにプレゼントしても喜ばれるアイテムになるだろう。

 デジタルスタンプの入手は、BitstampsアプリをGoogle Play StoreやAppleのApp Storeでダウンロードしておこなう。

 ランボルギーニのデジタル切手の第1弾の絵柄に選ばれたのは、2020年5月初旬に発表されたばかりの「ウラカンEVO RWDスパイダー」で、シリアルナンバー付きで、限定2万個が発行されている。

 今後、ランボルギーニの20種類以上のアイコニックなクルマを絵柄にしたデジタル切手が、「アウトモビリ・ランボルギーニ・コレクション」として発行される予定だ。

 ちなみに、ウラカンEVO RWDスパイダーのデジタルスタンプの価格は、9.99ユーロ(約1200円弱)。「1」のシリアルナンバーだけでなく、ランボルギーニの創業年である「1963」、ウラカンEVO RWDの排気量を示す「5204」や最高出力「610」などのシリアルナンバーを集めると、将来的に取引価格が上がる可能性もなきにしもあらずだ。

Gallery:【画像】手紙は送れないが、収集する楽しみが無限大のデジタル切手とは?(5枚)