亜久里・右京も活躍したF1チームの元オーナー、御年80歳のジェラール・ラルースとは

独ポルシェは、2020年5月23日に誕生日を迎えた元ポルシェのワークスドライバー、ジェラール・ラルース氏の生誕80周年を祝うコメントを発表した。

1969年のル・マン24時間耐久ではわずか120m差で2位

独ポルシェは、2020年5月23日に誕生日を迎えた元ポルシェのワークスドライバー、ジェラール・ラルース氏の生誕80周年を祝うコメントを発表した。

2017年、ポルシェ博物館で開催された「ツール・ド・コルス ヒストリー」に参加したときのジェラール・ラルース

 ジェラール・ラルース、本名ジェラール・ジル・マリー・アルマン・ラルースは、1940年5月23日フランス・リヨン生まれ。21歳のとき、まだ学生だったラルースは初めてラリーに参加、1966年にレースを仕事とすることを決意する。

 ラルースは「最初の仕事はフランスNSUでのワークスドライバーでした。その後アルピーヌで2年間ドライバーを務めました」と語る。

 1968年のモンテカルロ・ラリーでは、911Tを駆るポルシェのワークスドライバー、ヴィック・エルフォードのポルシェ初優勝を阻止、ラルースはアルピーヌ1300で優勝している。当時ポルシェのチーフエンジニア、ピーター・フォークがエルフォードに「最高のフランス人ドライバーは誰か」と尋ねると、エルフォードは「それはジェラール・ラルースだろう」と即答、こうして1968年11月、ラルースはポルシェのワークスチームに抜擢された。

 1969年シーズン初戦のモンテカルロ・ラリーでラルースは2位入賞。ツール・ド・コルセではポルシェ911Rで優勝している。

 ラルースは1969年のル・マン24時間耐久レースで2位に入賞、ラリーだけでなくオールラウンダーとしてその名が知られるようになった。ハンス・ヘルマンと組んでポルシェ908、64号車で挑んだこのル・マンでは、1位のジャッキー・イクス/ジャッキー・オリバーが乗るフォードGT40、6号車に、わずか120m差という史上もっともタイトな差で敗退した。

 1970年のツール・ド・フランスでは、黄色と赤のヒッピールックの911S 2.5で3位に入っている。「私が運転したのは、工場で製造された911のなかでもっとも軽いものでした。それは789kgでした」とラルースは語る。当初911は800kgだったが、ラルースはメカニックたちに、1kg軽量化するごとにシャンパンを1本プレゼントしていたという逸話が残っている。

 その後ラルースは、長年の友人となったヴィック・エルフォードと大きな成功を収めた。1971年にはポルシェ917でセブリング12時間耐久を制し、908/03スパイダーでニュルブルクリンク1000kmレースを制した。ラルースはその素直で温厚な性格から「リヨンの紳士」というニックネームで呼ばれ、世界最速の一人として知られるようになった。

Gallery:【画像】御年80歳の「リヨンの紳士」ジェラール・ラルースを画像で見る(9枚)