特別仕立てのジャガー・ランドローバー「SVO」が、過去最高の販売台数を達成!

ジャガー・ランドローバーは2020年5月20日、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門での2019/20年度の販売台数が、2018/19年度の64%増となる9500台を上回ったと発表した。

幅広いラインアップへの需要が好調

 ジャガー・ランドローバーは、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)の2019/20年度の販売台数が9500台を越え、2018/19年度の64%増を達成した。

過去最高の販売台数を達成したジャガー・ランドローバーのラインナップ

 これはロングホイールベースに飛行機のエグゼクティブクラスのようなシートを持つラグジュアリーSUV「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」や、ドライビングにフォーカスしたラグジュアリーSUV「レンジローバーSVオートバイオグラフィー・ダイナミック(最高出力565ps)」など、SVシリーズの7モデルすべての需要が好調なことによる結果だ。

 そしてプレミアム・スポーツSUV「レンジローバー・スポーツSVR(最高出力575ps)」は引き続きシリーズのなかでもっとも人気の高いモデルとして、その需要は生産開始以降5年間にわたり拡大を続けている。

 2019年より、パフォーマンスSUV「F-PACE SVR(最高出力 550ps)」とミッドサイズ・ラグジ ュアリーSUV「レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィー・ダイナミック」の提供を新たに開始したことも販売台数の増加に大きく貢献した。

 ジャガー・ランドローバー、スペシャル・ビーグル・オペレーションズ(SVO)のマネジメント・ディレクター、マイケル・ファン・デル・サンデ氏は次のようにコメントしている。

「自動車業界全体が厳しい販売環境にあるなか、立ち上げからわずか5年の当部門において、ジャガー・ランドローバーのSV製品の需要が力強い成長を続けていることを大変嬉しく思います。

 私たちは走破性能とラグジュアリーを向上させた、これまでにない幅広いモデルを取り揃えており、それぞれのモデルがお客様の心に響く独自の個性を兼ね備えています」

 主要市場におけるSVスペシャリストセンターの展開や、ドイツのミュンヘンに新たに開設したジャガー・ランドローバー・ステートメント・サイトなど、特別なエリアに販売店を設置したことも販売台数の増加を牽引している。

 これらの販売店はSVシリーズを求めるユーザーのニーズにきめ細やかに対応できるようトレーニングを受けており、個々の要望への対応など、求められる最高のサービスを提供することができる。SVスペシャリストセンターは現在世界中で100店舗展開しており、今後も拡大予定となっている。

 ジャガー・ランドローバー、スペシャル・ビーグル・オペレーションズ(SVO)、コマーシャル・ディレクターのマーク・ターナー氏は次のようにコメントする。

「私たちは現行のSVシリーズの需要を満たすことに注力すると同時に、新たなセクターを開拓し、パフォーマンスSUV『F-PACE SVR』はまたたく間に売上台数が2番目に多いモデルとなりました。

 ジャガー・ランドローバーの世界販売網やSNSを通してSVシリーズの認知度を高めつつ、SVビスポークオーダーを展開したことも当部門の事業にポジティブな影響をもたらしています」

 スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)のSVビスポークチームは、塗装色や仕上げ、内装や外装のオプションにより、カスタマーひとりひとりに合わせたカスタマイズモデルを提供しており、ジャガー・ランドローバーモデルのカスタム受注やプレミアムパレットの塗装仕上げの受注は20%増加する結果となっている。

※ ※ ※

 ジャガー・ランドローバーは2019年度、世界127か国において55万7706台を販売した。

 また同社は、グローバル全体で約4万人を雇用しており、さらに販売ネットワークやサプライヤー、ローカル・ビジネスなどを含めると約25万人のスタッフにより支えられている。

 そんなジャガー・ランドローバーは英国を主軸とする企業であり、英国にふたつの主要なデザインおよびエンジニアリング拠点、3つの車両製造工場、さらにエンジン・マニュファクチャリング・センターがあり、バッテリー・アッセンブリー・センターも開設予定だ。そのほか中国、ブラジル、インド、オーストリア、スロバキアにも工場を有している。

 さらに、英国ではマンチェスター、ワーウィック(NAIC)、ロンドン、そしてグローバルにはアイルランド(シャノン)、米国(ポートランド)、ハンガリー(ブダペスト)、中国(常熟市)と、7つのテクノロジー拠点を持つ。

 それらをフルに活用し、ジャガー・ランドローバーは全ラインナップで、BEV(フルバッテリー電気自動車)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)、およびMHEV(マイルド・ハイブリッド車)といった電動モデルを増やしつつ、最新のディーゼル・エンジンおよびガソリン・エンジンを引き続き展開。これまで以上に幅広い選択肢を提供する方針だ。

Gallery:【画像】販売台数が過去最高を記録! ジャガー・ランドローバーのイメージを画像で見る(7枚)