既存のアストンオーナーのニーズに応えたSUV「DBX」

2019年11月21日、アストンマーティン初となるSUV、「DBX」が日本初お披露目された。アストンマーティンDBXはいったいどのようなクルマなのか、インタビューで見えてきたアストンマーティンの戦略とともに解説しよう。

デザインコンシャスではない、実用性の高さもウリ

 2019年11月21日、アストンマーティン青山にて、アストンマーティン初となるSUVである「DBX」が日本初お披露目された。ラグジュアリーブランドのSUVとしては後発となるDBXだが、先行するライバルに対する強みとは何なのだろうか。インタビューも交えて、DBXの魅力を読み解いていこう。

日本でお披露目されたDBXは、アジアパシフィックに配置された2台のうちの1台。まだ生産試作車である

 アストンマーティン・ラゴンダのVice President and Chief Quality Officerであるリチャード・ハンバート氏は、DBXについて次にように説明した。

「4年前の2015年にDBXのプロジェクトがスタートした際、まずSUVの定義からわれわれは再構築しました。SUVの属性・特性、そして装備を検討し、そのプロセスの途中でスポーツカーではなくSUVを選ぶ理由のひとつに『多様性』があることがわかりました。

 とはいえ、アストンマーティンらしい走行性能も忘れてはいません。これこそアストンマーティンとわかるルックス、サウンド、走行性能はもちろんのこと、高級な素材をふんだんに使い、クラフトマンシップで丁寧に作り込んでいます」

DBXの説明をするアストンマーティン・ラゴンダのVice President and Chief Quality Officerであるリチャード・ハンバート氏

 また、メタテクノロジー&ラグジュアリー アクセレレーターオフィス・ダイレクターである戸井雅宏氏は、DBXについて次のように説明した。

「DBXに求められるのは、ビューティでスリークなプロポーション、そして使えるSUVであるということです。

 そこで次の3つの点、『実用性』、『スポーツカー』、『ラグジュアリー』をDBXは実現化しています。オン/オフロードの走行性能はもちろんのこと、前席/後席の快適性とクラス最大の空間を確保しているのが特徴です」

 この戸井氏の言葉を裏付けるように、ドアとサイドシルが一体化されており、乗降の際に衣服を汚すことがない。

 アストンマーティンは、「ラピード」という美しいサルーンを2010年から販売している。しかし、完全にセパレートされたリアシートは、大人が乗るにはヘッドクリアランスとニークリアランスに余裕がなかったことも確かだ。

 この反省点もあったのか、DBXはSUVとしては1680mmという低めの車高にもかかわらず、後席のヘッドクリアランスはレンジローバーよりも広く、クラス最高のスペースを実現している。

Gallery:【画像】美しきSUV、アストンマーティンDBXをたっぷり見る(20枚)