ポルシェファン必見! 聖地「ポルシェミュージアム」でインスタライブツアー無料開催

ポルシェミュージアムは、2020年5月17日の「国際博物館の日」において、インスタグラムでのデジタルライブツアーを開催する。

自宅にいながらポルシェファンの聖地を見て回ることが可能

 ドイツ・シュツットガルトにあるポルシェミュージアムは、2020年5月17日の第43回国際博物館デーに、インスタグラムでのデジタルライブツアーを開催すると発表した。

ツッフェンハウゼンのポルシェミュージアムには歴代911モデルやレースマシンなど常時80台以上が展示されている

 5月17日には2人のツアーガイドがドイツ語と英語で1時間づつ展示をライブでガイドする。現在、ポルシェミュージアムには5600平方メートルの展示面積にポルシェの歴代量産モデルやプロトタイプ、レーシングカーなど80台以上が展示され、ガイドたちは特別展示を閲覧しながら、ポルシェの歴史についての知識を提供する。

 現地時間18時30分(日本時間5月18日1時30分)にドイツ語で最初のツアーが始まり、また0時00分(日本時間5月18日7時00分)に英語のツアーが始まる。ファンは世界のどこからでも無料で参加できる。

 このデジタルライブツアーは、日本語をはじめ中国語、イタリア語、フランス語、クロアチア語、ルーマニア語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語でも録画され、ポルシェニュースTVで視聴可能となる予定だ。

「デジタルの多様性は、旅行がこれまで以上に大きな問題になっているこのような時代には、これまで以上に重要です」とポルシェミュージアムの責任者であるアヒム・ステイスカル氏はコメントする。

「われわれは、コロナ危機が始まってからではなく、何年にもわたりデジタルサービスの拡大を一貫して推進してきました。ブランドの歴史と未来を示すために、シュツットガルト・ツッフェンハウゼンにあるポルシェミュージアムの拠点だけでなく、こうした現代的なチャンネルを使いたいと思っています」

※ ※ ※

 ポルシェミュージアムは、新型コロナウイルス感染拡大にともなう措置として、2020年3月14日以降、8週間にわたって閉館していたが、5月12日に再開している。開館時間は9時から18時まで、定休日は月曜というのは以前と変わらないが、現在ミュージアムツアーはおこなわれておらず、またグルメエリアも閉鎖されたままだ。

Gallery:まさに聖地! ポルシェミュージアムを画像で見る(12枚)