パリ仕立てのデザインに充実装備が加わった限定車 新型「トゥインゴ ブリヤント」登場

ルノー・ジャポンは2020年5月14日、車両後方の死角の映像も表示できる先進のフルディスプレイミラーに加え、LEDヘッドライト、クローム仕上げのドアミラーカバーなどの装備を充実させた限定車 新型「トゥインゴ ブリヤント」を発売した。

パリのデザインやライフスタイルに調和する

 ルノー・ジャポンは、同社に人気コンパクトカー「トゥインゴ」の装備を充実させた限定車、新型「トゥインゴ ブリヤント」の販売を、2020年5月14日より開始した。

ルノー新型「トゥインゴ ブリヤント」

 ルノー トゥインゴは、パリが仕立てたコンパクトカーだ。

 伝統ある街並みのなかから常に新しい潮流を世界に発信し続けるパリ。新型トゥインゴは、その最新のパリのデザインやライフスタイルに調和する新しいエクステリアデザインとなり、新たな機能が搭載された。

 リアシートやヘッドレスト、乗員等が映りこむことなく車両後方の映像をフルHD画質で表示でき、クリアかつ鏡面よりも広範囲の後方視界が得られる先進のフルディスプレイミラーや、車両後方の死角を映すためのリアカメラ、明るく、省電力・長寿命のLEDヘッドライトやクローム仕上げのドアミラーカバーとリアエンブレム、キッキングプレートなどが装備されている。

 ボディカラーには、ジョン マンゴーが採用され、トランスミッションには電子制御6速AT(6EDC)が組み合わされる。

 価格(消費税込)は、トゥインゴ ブリヤントEDCが199万6000円、トゥインゴ ブリヤントEDCキャンバストップが211万6000円で、合計100台限定での販売だ。

Gallery:【画像】装備を充実させた限定車ルノー新型「トゥインゴ ブリヤント」を見る(10枚)