夢のスーパーカー「T.50」は、奇才ゴードン・マレーの夢でもあった

新たなスーパーカープロジェクト「T.50」を進めているゴードン・マレー・オートモーティブが、F1のコンストラクターであるレーシング・ポイント・フォーミュラ1チームと提携することが決定した。T.50の全容はどのようになるのだろうか。

エンジン回転数1万rpm超え! ゴードン・マレーが本当に作りたかったロードカー

 マクラーレン「F1」の開発者であるゴードン・マレー氏が進めている、新たなスーパーカープロジェクト「T.50」が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 ゴードン・マレー・オートモーティブ(以下GMA)が、F1のコンストラクターであるレーシング・ポイント・フォーミュラ1チーム(以下レーシング・ポイント)と手を組むことが決定したのだ。

 T.50とはいったいどんなスーパーカーで、そしてレーシング・ポイントとの提携はGMAにとって、どんなメリットがあるのだろうか。

T.5のリアスケッチ。グラウンド・エフェクトファンの姿がよくわかる

 T.50の車両価格は、税抜で200万ポンド(約2億9000万円)。生産台数は100台で、すでに世界のエンスージアストに割り当てられている。

 2022年1月に予定通りデリバリーが開始され、2022年中にすべてのオーナーのもとに届けられる予定だ。そしてその多くが、アメリカ合衆国と日本のカスタマーだ。

 ボディラインは非常に美しく、目を引くのは直径400mmのグラウンド・エフェクトファンのあるリアエンドだ。アクティブなアンダーボディ・エアロダイナミクスとダイナミックなリアテールの組み合わせによる革新的なエアロシステムは、既存のスーパーカーを寄せ付けない高い空力性能を実現している。

 グラウンド・エフェクトファンによって驚異的なダウンフォースを生み出すことができるT.5は、ボディ上部にさまざまエアロデバイスを設ける必要がなく、純粋に美しいボディラインを描くことを可能とした。

 そしてT.50には6つの異なるエアロモードが搭載されており、さまざまな走行状況に合わせて、車両を最適化し、トラクションと完全なパフォーマンスのバランスが図られている。

 6つのうちでもっとも過激なモードである「Vマックス・モード」では、モータースポーツ・スリップストリーム・テクノロジーと48Vの統合スタータージェネレータからの余剰電力、そしてラムインダクションを組み合わせて、最高出力を700馬力まで引き上げられる。

 重量はたったの980kgで、エンジンはコスワース製の4リッターV型12気筒を搭載。注目すべきは最高回転数が1万2100rpmという超高回転型である点だ。

 駆動方式はリアミドシップの後輪駆動で、ゴードン・マレーの最高傑作といえるマクラーレン「F1」と同じくドライバーズシートはセンターに位置する3座レイアウトとなる。

 ジェット戦闘機のようなドライバー位置は、T.50がアナログ・スーパーカーの頂点になることを予感させるものだ。

 ボディサイズは、全長4349mm×全幅1850mm×全高1152mmで、ホイールベースは2700mmだ。

Gallery:【画像】マクラーレン「F1」よりすごい! ゴードン・マレーの新たなスーパーカーとは?(16枚)