トヨタ「2000GT」は1億円を超えるか!? 日本の誇りであるGTに世界が注目!

映画『007』シリーズの劇中車として、はじめて採用された日本車であるトヨタ「2000GT」は、いまや世界のコレクターが注目するクラシックカーである。そこで、トヨタ2000GTがどのようなクルマであったのかを振り返りつつ、2020年10月のオークションにかけられる要注目のトヨタ2000GTを紹介しよう。

クラシック・フェラーリに負けない注目度の高さ

 2013年に開催された、あるオークションのことは、今でも鮮明に覚えている。主役であり、多くのカスタマーやファンが落札価格にもっとも注目していたのは、もちろんクラッシック・フェラーリであった。

 2013年という年は、クラシック・フェラーリの落札価格がもっとも高騰し、さまざまな記録が誕生し書き換えられた年でもあった。

前期型の特長である大きなフォグランプ(C)2019 Courtesy of RM Sotheby’s

 だがこのとき、観衆がクラッシック・フェラーリと同じように驚かされたのは、ある1台の日本車──1967年式のトヨタ「2000GT」だった。

 細かく刻みながら、着実に落札価格を上げていった2000GTのオークションは、最終的には115万5000ドル(当時のレートで約1億1800万円)で終了した。

 オークションが終了した際、一瞬の静寂の後に巻き起こった興奮に満ち溢れた歓声は、今も忘れることはできない。

 トヨタ2000GTはその前年である、2012年のグッディング&カンパニーのペブルビーチ・オークションにも姿を現している。しかし、同じホワイトのボディーカラーではあったものの、やはりコンディションは100万ドルオーバーのモデルとは大きな差があったのだろう、40~50万ドルという予想落札価格に対して62万7000ドル(約6710万円)の落札価格に届くのが限界だった。

 その後も2015年に80万3000ドル(約8592万円)で取り引きされるなど、その人気は日本人の目から見れば、今後まだまだ伸びても良いような気もする。

 さて、そもそもトヨタ2000GTとは、いかにして生まれたモデルであるのだろうか。さほど自動車の世界に詳しくない人でも、2000GTという名前と、その流麗な2ドアファストバックのスタイルは、記憶に残っているに違いない。

 あるいはこの2000GTを超える美しさを持つトヨタ車は、その後、半世紀以上にわたって誕生してはいないと断言する者さえいるかもしれない。それほどに2000GTはスタイリッシュで、かつ見る者を一瞬でスピードの世界へと魅了するデザインを持つGTだった。

Gallery:【画像】意外と知らないトヨタ2000GTのディテールをたっぷり堪能する!(35枚)