新型コロナウイルス終息の第一歩! FCAがイタリア セベル工場を再開

2020年4月27日、イタリアとアメリカの4ブランド(アルファロメオ、フィアット、ジープ、アバルト)を擁するFCAは、イタリアのアテッサにあるセベル工場での生産を再開した。

職場の健康と安全に最大限の注意を払う

 アルファロメオ、フィアット、ジープ、アバルトの4ブランドを傘下に持つFCAは2020年4月27日、イタリアのアテッサにあるセベル工場での生産を再開した。

工場で働くイメージ

 国際市場向け商用車の主要な生産拠点のひとつであるセベル工場では、6000人を超えるほぼ全ての従業員の職場への復帰と生産の再開に向け、さまざまな安全衛生対策が実施されている。

 その対策には、30万m2を超えるワークショップフロアの消毒や約130の手の消毒用ディスペンサーの設置、安全対策を告知するための15の大型看板と25のビデオモニターの設置、6000冊以上の情報パンフレットと1万8000枚のポスターの配布や、工場入口の12台の体温測定用のモニタリングカメラ、従業員がシフト中に使用した機器を清掃・消毒するための600以上の装置の設置などが含まれている。

 これらは、2020年4月9日にイタリア労働組合のFIM-CISL、UILM-UIL、FISMIC、UGLM、AQCFR、FIOM-CGILとの間で締結された協定にも明記されている内容だ。

 この合意により、イタリアにおけるすべてのFCA拠点において、一連の包括的な対策が実施され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機によって中断された生産活動を再開するにあたり、労働者の最大限の保護が実現している。

 同時に、セベル工場へコンポーネントを供給するために、カッシーノ、ポミリアーノ、テルモリ、ミラフィオーリの各工場でも限定的な生産活動が再開された。

 FCAのEMEA地域担当最高執行責任者(COO)であるピエトロ・グロリエ氏は、次のように述べている。

「私たちは、アテッサのセベル工場において、従業員を守ることが最優先事項であることを明確に示しました。

 著名な感染症学者やその他の専門家と協力して厳格な分析と準備をおこない、労働組合と合意した結果、セベル工場の再開とともに、研究開発活動も始動し、トリノとメルフィでは電気自動車およびハイブリッドモデルの量産前試作も開始されました。

 私たちはイタリア政府や地方自治体と連日協力して、生産施設やオフィスで働いている人々の安全を確保しながら、イタリアで生産を再開するための準備を整えてきました」

Gallery:【画像】新型コロナウイルス終息の第一歩! FCAが生産を再開!