データ提供:グーネット
  • メーカー
  • 車種名
  • 型式モデル
  • グレード
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 年式
  • 価格帯
  • 走行距離
  • 排気量
  • ミッション
  • 修復歴
  • 本体色
  • 車両条件
  • エンジン
  • 過給機
  • 乗車定員
  • ドア数
  • 保証
  • ボディタイプ
  • 駆動方式
  • 車検残
  • ハンドル
  • 基本装備
  • 外装
  • シート関連
  • カメラ
  • カーナビ・オーディオ・TV
  • TV・モニター
  • ドア関連
  • 安全装備
  • 自動運転
  • 車両仕様
  • その他
  • もっと詳細な条件で絞り込む

スバル レヴォーグの中古車一覧

1501件中130

スバル レヴォーグの中古車を地域から探す

北海道
北海道
東北
青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
北関東
茨城 栃木 群馬
首都圏
埼玉 千葉 東京 神奈川
甲信越・北陸
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
東海
岐阜 静岡 愛知 三重
関西
滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国
徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スバル レヴォーグ 概要

スバルレヴォーグ
スバルは「レヴォーグ」を2020年10月にモデルチェンジを発表しました。2014年の誕生以来、初のフルモデルチェンジとなるレヴォーグ。今回のモデルチェンジでは「新世代の運転支援システムによる優れた安全性」「低重心と新開発のドライブモードが実現するスポーティーな走り」「SUVに負けないワゴンとしての価値」をキーワードとして誕生しました。

エクステリアデザインはスバルの新コンセプト「BOLDER」を量産車として初めて取り入れています。顔つきがワイドとなり、ヘキサゴングリルや鋭いヘッドランプが特徴的。さらに大きく張り出したリアフェンダーなども目を惹きます。
ボディサイズは全長4744mm×全幅1795mm×全高1500mmとなり、前モデルより全長で65mm長く、全幅で15mm幅広くなっています。

インテリアデザインはホイールベースの延長で快適な空間が生まれました。11.6インチの大型ディプレイには運転に必要な情報が表示されます。シートのホールド性も高く、スポーツワゴンという名がふさわしい作りになっています。

パワーユニットはスバル伝統の水平対向レイアウト。今回は新開発1.8リッター4気筒ターボ(最高出力177PS、最大トルク300N・m)のみの設定となります。
このエンジンとCVT「リニアトロニック」の組み合わせにより、高燃費も実現しています。駆動方式は全車が4WD。
グレード展開はベースモデルの「GT」。装備充実の「GT-H」、スポーティーな「STI Sport」と大きく分けて3種が用意されています。

さらに注目は先進安全装備として、新開発されたカメラと前後計4つのレーダー、電動ブレーキブースターがスバルとして初採用されている点です。

スバル レヴォーグの関連情報

もっと読む 閉じる