データ提供:グーネット
  • メーカー
  • 車種名
  • 型式モデル
  • グレード
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 年式
  • 価格帯
  • 走行距離
  • 排気量
  • ミッション
  • 修復歴
  • 本体色
  • 車両条件
  • エンジン
  • 過給機
  • 乗車定員
  • ドア数
  • 保証
  • ボディタイプ
  • 駆動方式
  • 車検残
  • ハンドル
  • 基本装備
  • 外装
  • シート関連
  • カメラ
  • カーナビ・オーディオ・TV
  • TV・モニター
  • ドア関連
  • 安全装備
  • 自動運転
  • 車両仕様
  • その他
  • もっと詳細な条件で絞り込む

マツダ ロードスターの中古車一覧

766件中130

マツダ ロードスターの中古車を地域から探す

北海道
北海道
東北
青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
北関東
茨城 栃木 群馬
首都圏
埼玉 千葉 東京 神奈川
甲信越・北陸
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
東海
岐阜 静岡 愛知 三重
関西
滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国
徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

マツダ ロードスター 概要

マツダロードスター
  • タイプ
  • クーペ・オープン
  • 生産期間
  • 2018年07月 〜 生産中
  • 新車販売時価格
  • 236.5 〜 332.5万円(税別)
2018年7月26日、マツダ株式会社は小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」を商品改良して発売しました。

今回の商品改良により、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の多くの装備を全機種標準化することで、マツダはスポーツカーも含めた、国内で販売する主要7車種すべてにおいて「サポカーS・ワイド」に該当することとなりました。

「人生を楽しもうー”Joy of the Moment, Joy of Life”」をテーマにした4代目ロードスターは、2015年にソフトトップモデル「マツダ ロードスター」を国内導入し、オープンスポーツカーの楽しさ、そしてマツダの「人馬一体」の走りの楽しさを提供しています。

今回の商品改良では、新技術を採用したガソリンエンジンの搭載により、これまで以上に人間の感覚にあった上質にして気持ちのよい人馬一体の走りを目指しました。「ロードスター」に搭載するガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」は、改良により、気持ちの良い加速感はそのままに、より人間の感覚にあった走りを実現するとともに、環境・燃費性能を向上させています。

また、安心して運転を楽しむための環境づくりとして、先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に加え、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、先進ライトを全機種で標準装備。「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当しています。

マツダ ロードスターの関連情報

もっと読む 閉じる