三菱の記事一覧

1917年に三菱造船神戸造船所で製造された「三菱A型」が日本初の量産乗用車と言われています。後に三菱重工業となり1970年に分社して三菱自動車が誕生。現在はルノー・日産・三菱アライアンスの一翼を担っています。 三菱の詳細情報はこちら
  • 「黒」で引き締まった印象に! 三菱「ミラージュ」に特別仕様車「BLACK Edition」登場

    2021.04.15

    三菱がコンパクトカー「ミラージュ」の特別仕様車「BLACK Edition」を発表しました。アクセントカラーのブラックを随所に配し引き締まった印象を作っていますが、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 三菱新型「パジェロスポーツ」がよりオラ顔に! ワイルドさ強めのカスタム仕様とは? インドネシアで登場

    2021.04.14

    三菱のインドネシア法人が新型「パジェロスポーツ」向けに用意する、ワイルドさを強調させるエアロパーツとは、どのようなものなのでしょうか。

  • 日本で売れば「RVブーム」の再現なる? 海外専用のイケてるクロカン車5選

    2021.04.12

    現在、人気のSUVのなかでも、オンロード性能に特化したクロスオーバーSUVが主流です。一方で、かつては日本でも本格的なクロスカントリー4WDが数多く存在しましたが、現在は激減。しかし、海外ではスタイリッシュなクロカン車が多数生き残っています。そこで、日本では販売されていない海外専用のクロカン車を、5車種ピックアップして紹介します。

  • 旧車人気だけどうかつに手は出せない? オーナーが語るリアルな旧車ライフとは

    2021.04.11

    近年、世界的に1980年代から1990年代の、いわゆるネオクラシックカーの人気が高く、中古車の価格が異常な高騰となっています。しかし、そうした旧車を維持するのは一筋縄ではいかない面もあるといいます。そこで、旧車ユーザーのリアルな声を聞いてみました。

  • 三菱「ランエボVI」が1100万円超!? ギャランやスタリオンを競売に! トミ・マキネンが人気

    2021.04.09

    三菱の英国部門が、旧車を含む14台をネットオークションに出品しています。14台のなかには「ランサーエボリューション トミ・マキネン・エディション」も入っており、2021年4月9日時点で7万7500ポンド(約1160万円)の値が付けられています。

  • 迫力強調の三菱オラ顔4WD! 新型「トライトンアスリート」はどんなクルマ? マレーシアで発表

    2021.04.09

    マレーシア市場に登場した三菱新型「トライトンアスリート」は、どんなクルマなのでしょうか。

  • 主張しすぎていないのが好印象? さりげなく高性能なターボ車3選

    2021.04.07

    一般的にスポーツカーは高性能なエンジンを搭載し、強化されたサスペンション、優れた制動力を発揮するブレーキを装備し、高い動力性能と運動性能を誇り、さらに見た目にも速そうなデザインを採用しています。一方で、外観は比較的普通ながらハイパワーなエンジンを搭載するモデルも存在。そこで、さりげなく高性能なターボエンジン車を、3車種ピックアップして紹介します。

  • なぜヒットしなかった? スタイリッシュだけどマニアックな珍セダン5選

    2021.04.07

    クルマの外観は販売台数を左右する重要な要素のひとつですが、デザインに正解はありません。見た目というのはあくまでも主観であり、優劣よりも好みが優先されるからです。一方で、スタイリッシュなエッセンスを持ちながらヒットに至らなかったクルマも存在。そこで、スタイリッシュだけどマニアックな珍セダンを、5車種ピックアップして紹介します。

  • 考えようによっては超個性的? アクが強すぎた車5選

    2021.04.03

    クルマの外観デザインは新型車開発でもっとも重要なプロセスといえます。ユーザーがクルマを選ぶ際に、見た目の第一印象で興味を持つからです。しかし、すべてのクルマのデザインが好まれるとは限りません。そこで、アグレッシブな外観から人気を得られなかったかったクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

  • いさぎよく何かを犠牲にした? 性能や見た目にこだわった車3選

    2021.04.02

    一般的に軽自動車ならば安価でなるべく広い室内、コンパクトカーならば燃費などの経済性と使い勝手の良さ、スポーツカーならば走行性能と実用性バランスさせて開発されています。しかし、ある性能や見た目に特化したモデルも存在。そこで、何かを犠牲にしてまで性能やデザインにこだわったクルマを3車種ピックアップして紹介します。

  • まさにスポーツカーの王道! リトラクタブルヘッドライトの3ドアハッチクーペ5選

    2021.04.02

    かつて高性能なスポーツカーといえば、3ドアハッチバックか2ドアのクーペが定番でした。さらにリトラクタブルヘッドライトを装備することで、見るからに速そうなフォルムを実現。そこで、往年の高性能3ドアハッチバッククーペでリトラクタブルヘッドライトのモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

  • わずか販売台数50台のモデルもあり? 愛すべき珍車5選

    2021.04.01

    日本の自動車市場では月間2万台以上も売れる大ヒット車がある一方で、数十台、数百台しか売れないクルマもあります。そうしたモデルのなかにはもともと販売計画が少ないケースや、さまざまな理由で売れなかったクルマも存在。そこで、少量生産だったクルマのなかでも珍しいモデルを5車種ピックアップして紹介します。

  • レア車なのに目撃例が多い? 意外な希少セダン3選

    2021.03.30

    人気が無く販売台数が少なかったり台数限定のモデルであれば、レアなクルマであることからなかなかお目にかかることはできません。しかし、レア車でありながらとても目立つモデルや、なぜか目撃例が多いモデルも存在。そこで、意外な希少セダンを、3車種ピックアップして紹介します。

  • 日産販売店も困惑「新型エクストレイルはいつ発売?」 日本車なのに海外で先に発売する事情

    2021.03.30

    最近の国産車は海外で先に発売されることが増えています。日本メーカーのクルマなのに、日本での発売が遅れる事情には、どのようなことがあるのでしょうか。

  • 売れ筋 軽自動車ランキング!おすすめ20車種を紹介

    2021.03.29

    買い時の人気軽自動車20車種を、販売台数ランキングから徹底紹介しています!軽自動車ランキングの中心「スーパーハイトワゴン」と注目トレンド「軽SUV」に迫ります。

  • 「GT」グレードだけど違和感アリ? なぜかGTの名を冠した車5選

    2021.03.29

    ひとつの車種にはエンジンや装備の違いによって、複数のグレードが設定されるのが一般的です。なかでも高性能なグレードには特別な名が与えられ、代表的なものとして「GT」が挙げられます。しかし、なぜGTが付けられたのか理解が難しいモデルも存在。そこで、GTグレードだけど違和感のあるモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

  • ぜひ復活してほしい! 惜しまれつつ消えたステーションワゴン5選

    2021.03.28

    欧州ではまだまだ人気のステーションワゴンですが、日本ではニーズの変化からラインナップが激減してしまいました。しかし、消えてしまったステーションワゴンのなかには、個性的であったり優れた性能のモデルも存在。そこで、惜しまれつつ消えたステーションワゴンを5車種ピックアップして紹介します。

  • ロングセラーは名車の証!? ずっとモデルチェンジしてないご長寿モデル5選

    2021.03.27

    最近のクルマはモデルサイクルが長期化しており、トヨタ「ランドクルーザー」のように、長い間フルモデルチェンジをせずに販売され続けているモデルがあります。登場から随分と時間が経っているのにも関わらず、フルモデルチェンジせずにマイナーチェンジだけで生き長らえているご長寿モデルを紹介します。

  • 出た時期が最悪? バブル崩壊後に誕生した不遇のスペシャリティカー5選

    2021.03.25

    最近耳にしなくなったクルマのジャンルといえば、スペシャリティカーが挙げられます。1980年代の終わりから1990年代初頭、いわゆるバブル期には高い人気誇りましたが、バブル崩壊後に急速に数を減らしてしまいました。そこで、バブル崩壊直後に誕生した不遇のスペシャリティカーを、5車種ピックアップして紹介します。

  • 派手すぎず速いがカッコイイ! テンロクエンジンのホットコンパクトセダン3選

    2021.03.24

    近年、人気低迷から国内市場でラインナップが激減してしまったセダンですが、とくに比較的コンパクトなサイズのモデルの減少が顕著です。しかし、1990年代には隆盛を極めており、高性能なモデルも存在。そこで、いまでは失われた1.6リッターNAエンジンを搭載したホットなセダンを、3車種ピックアップして紹介します。

  • ドレスアップか性能アップか? 昭和のエアロパーツ車5選

    2021.03.22

    レーシングカーがより速く走るために開発された「空力付加物」、いわゆるエアロパーツは、1970年代の初頭に公道を走るクルマにも普及が始まりました。しかし、日本では一旦消滅し、1980年代に復活。そこで、昭和の時代に進化した国産エアロパーツ車を、5車種ピックアップして紹介します。

  • 「春=ピンク」だけじゃない!? 「春分の日」感じる色のクルマとは? 春らしいボディカラー5選

    2021.03.19

    2021年3月20日は、春分の日です。春らしいボディカラーといえばサクラを思わせるピンクがありますが、それだけではないようです。ピンクからそれ以外まで、個性的なボディカラーを5つ紹介します。

  • 今のSUVよりもカッコイイ? スタイリッシュなクロカン車3選

    2021.03.16

    1990年代の初頭に、今のSUV人気を遥かに上まわる「RVブーム」が起きました。RVはクロカン車、ステーションワゴン、ミニバンなど「レクリエーショナル・ビークル」と総称されるクルマですが、とくにクロカン車は爆発的な大ヒットとなりました。そこで、RVブームの頃にヒットしたクロカン車のなかから、スタイリッシュなモデルを、3車種ピックアップして紹介します。

  • ヒットしなかったけど存在感がスゴい! 記録より記憶に残る迷車5選

    2021.03.15

    トヨタ「プリウス」やホンダ「N-BOX」など、月間2万台以上も売れるような大ヒットしたクルマがある一方で、ヒットすることなく消えていったクルマも数多くあります。しかし、そうした売れなかったクルマのなかには、強烈な個性を持っているモデルも存在。そこで、記録より記憶に残る迷車を5車種ピックアップして紹介します。

  • まさにターボマジック! ターボエンジンで大化けしたコンパクトカー3選

    2021.03.11

    1980年代にターボエンジンが普及すると、国産車の高性能化が一気に進みました。当初は中型モデルからターボエンジンが搭載されましたが、次第に小型モデルにも波及。そこで、ターボによって飛躍的に高性能化したコンパクトカーを、3車種ピックアップして紹介します。