ついにトヨタ新型「覆面クラウン」爆誕! 「気が付かなかった」人も! RSバッチ装着の15代目モデルが全国各地で目撃情報多数!

覆面パトカーといえばトヨタ「クラウン」が採用されることが多いようです。現在、主流となるのは先代となる14代目クラウンですが、全国各地では現行となる15代目クラウンの覆面パトカーが登場したようです。

NEW! 15代目「クラウン」の覆面パトカー登場!

 1955年の誕生から多くのユーザーに親しまれてきたトヨタ「クラウン」。
 
「いつかはクラウン」といわれユーザーから憧れの対象だったのと同時に覆面パトカーとして採用されるケースも多く、高速道路などでクラウンを見たら違反行為をしていなくても「ビクッ」とする人も少なくないかもしれません。
 
 そうしたなかで、現行型である15代目クラウンの覆面パトカーが登場したようですが、通常の乗用車と見分けるポイントはどのようになっているのでしょうか。

ついに登場! 全国各地で目撃情報が出ている15代目クラウンの覆面パトカー(画像提供:まるきゅー @marukyu_4M)
ついに登場! 全国各地で目撃情報が出ている15代目クラウンの覆面パトカー(画像提供:まるきゅー @marukyu_4M)

 現在、白黒パトカーや覆面パトカーとして採用されているクラウンは、先代の14代目モデル(210系)が主流となっており、街中で見かける機会も多いようです。

 そうしたなかで、15代目クラウンが警察車両として運用されはじめたという目撃情報がSNSに投稿されはじめました。

 SNSでは、「カッコいい!」との声も見られる15代目クラウンのパトカーですが、覆面パトカーとして採用された車両のボディカラーは、ホワイト・シルバー・ブラックが配備されているようです。

 フロントバンパー下部には、メッキの装飾が施されており、フロントグリルとリアのトランク部分には「RS」のエンブレムが見られます。

 通常、15代目クラウンのRSグレードには18インチアルミホイールが標準装備ですが、覆面パトカーには16インチのアルミホイールが装着されています。

 さらに、RSのウインカーは、大半のグレードで流れるように光るシーケンシャルウインカーとなっていますが、覆面パトカーとして採用された車両は、RS-Bのみに採用されている通常の点滅式のウインカー仕様になっているようです。

 このような特徴を持つ15代目クラウンの覆面パトカーについてSNSでは「覆面パトカーだと気が付かなかった」というユーザーも多く、「追い越そうと思ったら覆面だった」「普通のクラウンだと思って隣合わせたらまさかの覆面…!」と、驚きの声が見られます。

※ ※ ※

 15代目クラウンの覆面パトカー写真撮影に成功した「まるきゅー(@marukyu_4M)」さんによると「目撃したのは東京都・墨田区にある錦糸公園前の交差点だった」とのこと。

 SNSではほかにも、北海道・帯広市や神奈川県・厚木市に加えて、新東名高速道路、首都高など、さまざまな地域・道路での目撃情報が相次いでいます。

 今後、主流だった14代目クラウンから15代目クラウンに置き換わっていくにつれ、普通のモデルが街中や高速道路で15代目クラウンが気になる存在になるかもしれません。

>月額定額制で新車に乗れる! 今話題のトヨタのサービス「KINTO」はこちら

【画像】クラウン・カムリ・ランクルの覆面パト仕様がスゴい! 赤いLEDが存在感増す様子を写真で見る!(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. レーダ装着し1キロオーバーからちゃんと取り締まれよ!

  2. 愛知県だからどうでもいい話。
    東京の人、頑張ってね~。

  3. 痛車の覆面パトカーがあっても良いと思う。ヲタだと思って煽ったら警察だったというオチに期待。