高速道路で大渋滞! 動かないクルマの中で眠くなったらどうする?

学校の夏休みも中盤に差しかかり、お盆休みも始まって高速道路のいたる所で渋滞が発生しています。次のサービスエリアで仮眠が取りたいけど、混んでいてクルマが全然動かない。そんな時は、どう対処すればいいのでしょうか。

いますぐクルマを停めて仮眠したい

 子どもの夏休みだけでなく、お盆休みも始まったことで、一般道や高速道路のいたるところで渋滞が発生しています。

 そんな渋滞に巻きこまれている時に、強い眠気に襲われたら、みなさんはどう対処しますか?

 比較的自由度の高い一般道ならまだいいのですが、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)のない区間など、身動きの取れない場所で眠くなると、どうしようもありません。

渋滞中の高速道路で眠気と戦うドライバーのイメージ
渋滞中の高速道路で眠気と戦うドライバーのイメージ

 気が付いたら一瞬意識を失って、ヒヤッとした経験がある人もいると思います。刺激の強いガムやタブレットを食べたところでまったく眠気が解消する気配もなく、路肩でいいから仮眠したい。そんな時は、いったいどうすればいいのでしょうか。
 
 首都高お客様センターに問い合わせてみたところ、窓口の担当者は次のように話します。

「非常駐車帯や路肩などは、緊急車両の通行の妨げになるため、基本的に一般車を停車させることはお断りしています。

 渋滞でクルマが動かない状況でも、次のSAやPA、または出口までは進んでもらい、安全な場所で休憩を取っていただくようにお願いしています。」

 さらに、高速道路を管理するNEXCO東日本広報課は、こう話します。

「高速道路上は駐停車禁止となっているので、路肩であってもそれは同じです。それは、緊急車両の通り道であり、お客様自身の安全を守るためでもあるので、休憩や仮眠はSAやPAでお願いします。

 渋滞は予測が不可能なこともありますが、高速道路を利用される時はゆとりを持った移動計画を立てるようにしてください。」

※ ※ ※

 道路交通法第七十五条の八によると、

「自動車(これにより牽引されるための構造及び装置を有する車両を含む。以下この条において同じ。)は、高速自動車国道等においては、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため一時停止する場合のほか、停車し、又は駐車してはならない。」

 と規定されているため、渋滞で身動きが取れない場合に激しい眠気に襲われたとしても、路肩などに駐停車して休憩することは許されません。

 違反した場合は駐停車違反にあたり、普通車なら2点と12000円の反則金が課せられることになります。

 渋滞中の高速道路での眠気は、ドライバーにとってかなりの緊急事態ではありますが、事故や交通違反とならないためにも運転前は十分な睡眠をとり、落ち着いて安全な移動を心がけてください。

 事前に渋滞が予想される場合は、眠気覚ましドリンクなどを用意しておくことをおすすめします。

渋滞中の高速道路で眠気と戦うドライバーのイメージを画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

二十歳で工場長 にコメントする コメントをキャンセル

1件のコメント

  1. この記事の落ちはどこなんだ?
    結局は次の休憩所まで頑張れ!何だろ?
    しかしネクスコも大義は立派だけど花火大会で諏訪湖は閉鎖するわ、刈谷も暴走族対策で閉鎖したよね?
    以前の関越トンネルの雪用タイヤ確認やら自分等の責任の範囲でしかコメントしないような道路会社なんてこんなもんだろうね
    何でも敷地があれば商業施設込みの休憩所ばかりを建設して、よくよく見れば仮眠を目的とした施設なんか無いのが現実だろ
    以前の東名の豊川の検札場跡も何かと使う手立てはあったろうに