なぜ対応分かれる? 全方位のトヨタ、電動化の日産、エンジンのマツダ、各社の戦略とは

トヨタ「プリウス」のエンジンルーム
ホンダ「クラリティPHEV」のエンジンルーム
日産「ノート e-POWER」のエンジンルーム
マツダ「CX-5(SKYACTIV-D)」のエンジンルーム
日産の電気自動車「リーフ」のエンブレム
日産「ノート e-POWER」のエンブレム
トヨタのハイブリッド車のエンブレム
マツダのガソリン車のエンブレム
マツダのディーゼル車のエンブレム
三菱「アウトランダーPHEV」のエンブレム
パワートレインの技術革新は各社で異なる方向へ

記事ページへ戻る

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事

コメント

伏見稲荷 にコメントする コメントをキャンセル

2件のコメント

  1. なぜもなにも過渡期なんだから体力あるトヨタは全部やれるし小さいとこはやれる範囲でやるなんてあたりまえやん。

  2. なんじゃこりゃ
    エンブレム名間違いまくり(笑)

×