車買取・査定業者おすすめランキング

クルマの買取・査定を専門とする業者は大小含めると数多くの企業や店舗が存在します。事故車や廃車を専門にする企業もあります。今回は大手の買取業者に絞り、店舗数や申し込みステップ数などを基準としたおすすめランキングで紹介します。

◎買取・査定業者って何?

 買取・査定業者とは「クルマの車種や状態などから査定額を算出し、実際にクルマの買取をおこなう」ことを業務のひとつとしている業者です。クルマの買取・査定で提示された金額で最終的に合意をすると「売買契約」の締結に進み、基本的には提示された金額は指定日までにあなたが指定した口座に振込こまれて完了となる仕組みです。
 買い取ったクルマは、自社の中古車販売店などで個人向けに販売したり、業者間のオークションへの出品や、海外へ輸出されるケースもあります。
また、同じクルマであっても業者によって、新車ディーラーや中古車販売店の下取り額と比較して査定額が高額になるケースもあり、買取・査定業者のメリットといえます。

◎買取・査定業者ってどんな業者があるの

 クルマの買取・査定業者を探す際には、支店数や買取実績・評判などを参考にすることで、ニーズに適した買取・査定業者を見つけやすくなります。ここでは、買取・査定業者の支店数や口コミでの評判などをもとにして、おすすめできる買取・査定業者の7社をランキング形式でご紹介します。

●買取・査定業者一覧

1位 BIGMOTOR/株式会社ビッグモーター

 おすすめランキング1位は「ビッグモーター」です。ビッグモーターはクルマの買取から修理・販売までを自社内で手がけている買取・査定業者です。2021年9月時点での店舗数は307店となっています。
 査定を申し込むには、ホームページからクルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」と、個人情報として「氏名」「電話番号」「都道府県」を入力・選択をして申込となります。
 ネット上の口コミでは「査定額が下取りよりも高い」や「他社よりも高額が出た」など金額面での高評価が見られます。逆に悪い評判としては「上から目線の対応」や「対応が雑」などといったスタッフに対しての評価があるようです。

 店舗名 ビッグモーター
 店舗数 307店
 入力ステップ 1ステップ
 入力項目数 7項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 走行距離
  項目5 氏名
  項目6 電話番号
  項目7 都道府県
 おすすめ度 ☆☆☆☆☆(5点中5点)


2位 ガリバー/株式会社IDOM

 ランキング2位は「ガリバー」です。ガリバーは、クルマの買取から販売までの自社内で展開するほか、クルマの特性で区分けした店舗や個人間カーシェアリングのサービスを展開しています。ガリバーの2021年9月時点での店舗数は約480店で、出張査定サービスに対応しています。
 査定を申し込むには、ホームページからクルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」と、個人情報として「都道府県」「氏名」「電話番号」を入力・選択をして申込となります。
 ネット上の口コミでは「買取手続きが早い」や「査定価格が比較的高い」という高評価が見られます。逆に悪い評判としては「再査定で金額が変わった(減額)」や「営業がしつこい」などの評価があるようです。

 店舗名 ガリバー
 店舗数 480店
 入力ステップ 1ステップ
 入力項目数 7項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 走行距離
  項目5 都道府県
  項目6 氏名
  項目7 電話番号
 おすすめ度 ☆☆☆☆☆(5点中5点)


3位 カーセブン/株式会社カーセブンディベロプメント

 3位は「カーセブン」です。カーセブンは、独自の買取規定を設けている買取と販売のフランチャイズ・チェーンを手掛ける業者で、2021年7月時点150店の店舗数があります。Webからの申し込むに加えて、LINEからの申し込みができるのも特徴です。
 査定を申し込むには、ホームページからクルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」と、個人情報として「氏名」「フリガナ」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」「電話番号」を入力・選択をして申込となります。
 ネット上の口コミでは「買取手続きが早い」「査定担当者の対応が良かった」という高評価が見られます。逆に悪い評判としては「売却前提でないと価格は教えられない」といった評価があるようです。

 店舗名 カーセブン
 店舗数 150店
 入力ステップ 1ステップ
 入力項目数 9項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 走行距離
  項目5 氏名
  項目6 フリガナ
  項目7 郵便番号
  項目8 住所
  項目9 メールアドレス
  項目10 電話番号
 おすすめ度 ☆☆☆☆(5点中4点)


4位 ラビット/株式会社ラビット・カーネットワーク

 4位は「ラビット」です。ラビットは、日本最大級の中古車オークションと連携している買取・査定業者で、2021年9月時点での店舗数は152店となっています。
 査定を申し込むには、ホームページからクルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」「色」「シフト(ATかMTか)」と、個人情報として「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を入力・選択をして申込となります。
 ネット上の口コミでは「査定額が比較的高い」「査定担当者の対応が良かった」という高評価が見られます。逆に悪い評判としては「連絡の折り返しがない」「売却後の減額交渉があった」などの評価があるようです。

 店舗名 ラビット
 店舗数 152店
 入力ステップ 1ステップ
 入力項目数 10項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 走行距離
  項目5
  項目6 シフト
  項目7 氏名
  項目8 住所
  項目9 電話番号
  項目10 メールアドレス
 おすすめ度 ☆☆☆☆(5点中4点)


5位 アップル/アップルオートネットワーク株式会社

 5位は「アップル」です。アップルは、クルマの買取から修理、販売までを自社内で手がけている買取・査定業者です。2021年9月時点での店舗数は240店となっています。
 査定を申し込むには、ホームページからまず「郵便番号」を入力後、クルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」が必須で、「グレード」「車体の色」を任意で、個人情報として「氏名」「電話番号」「メールアドレス」を入力・選択をして申込となります(住所は最初の郵便番号入力で自動設定されます)。今回紹介する業者の中では唯一2ステップでの申し込みです。
 ネット上の口コミでは「買取手続きが早い」「入金が早い」という高評価が見られます。一方で悪い評判が「とくにない」ということが目立ち、似た内容で複数あるのは「店舗が古い」などでした。

 店舗名 アップル
 店舗数 240店
 入力ステップ 2ステップ
 入力項目数 10項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 走行距離
  項目5 グレード(任意)
  項目6 色(任意)
  項目7 コメント(任意)
  項目8 氏名
  項目9 電話番号
  項目10 メールアドレス
 おすすめ度 ☆☆☆(5点中3点)


6位 ネクステージ/株式会社ネクステージ

 6位は「ネクステージ」です。ネクステージは、クルマの新車・中古車販売、自動車整備、中古車買取、保険代理店事業を手掛ける買取・査定業者で、2021年9月時点での店舗数は170店となっています。
 査定を申し込むには、ホームページからクルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」と、個人情報として「都道府県」「氏名(かな)」「電話番号」を入力・選択をして申込となります。
 ネット上の口コミでは「査定金額が比較的高い」「査定担当者の対応が良かった」という高評価が見られます。逆に悪い評判としては「買取交渉電話がしつこい」といった評価があるようです。

 店舗名 ネクステージ
 店舗数 170店
 入力ステップ 1ステップ
 入力項目数 7項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 走行距離
  項目5 都道府県
  項目6 氏名
  項目7 電話番号
 おすすめ度 ☆☆☆(5点中3点)


7位 ユーポス/株式会社ユーポス

 7位は「ユーポス」です。ユーポスは、車買取事業と車買取専門フランチャイズ事業を主としつつ、中古車オークションと連携している買取・査定業者です。2021年9月時点での店舗数は80店となっています。
 査定を申し込むには、ホームページからクルマの情報として「メーカー」「車種」「年式」と、個人情報として「氏名」「電話番号」「郵便番号」「都道府県」を入力・選択をして申込となります。
 ネット上の口コミでは「買取手続きが早い」「査定金額が比較的高い」といった高評価が見られます。逆に悪い評判としては「営業担当の対応が雑」「提示する査定額に幅がありすぎる」といった評価があるようです。

 店舗名 ユーポス
 店舗数 80店
 入力ステップ 1ステップ
 入力項目数 7項目
  項目1 メーカー
  項目2 車種
  項目3 年式
  項目4 氏名
  項目5 電話番号
  項目6 郵便番号
  項目7 都道府県
 おすすめ度 ☆☆☆(5点中3点)



 以上のように、1から2ステップで査定申込がおこなえます。基本的には1社ずつに対して申込を実施し、複数社の査定額を確認する場合、各サービス内で査定申込のステップを繰り返すことになります。買取業者の担当との交渉は、一括査定サービスと同様に自身でおこなう形となります。

◎買取・査定業者を利用するメリット・デメリット

 一括買取・査定サービスと買取・査定業者1社を利用するにあたって、最大の違いは「複数社への見積り依頼をサービスが実施するか、自身で実施する」かになります。それを踏まえて買取・査定業者を利用するメリットは「1社単体での申し込みとなっているので、サービスマンが真摯に対応をしてくれる」ことでしょう。各業者の口コミでもその内容が伺えます。
 業者としては自社でいち早く買取をしたいため、過走行や古いクルマでも査定額を付けてきます。また海外にクルマを輸出したり、廃車買取に対応できる販売ルートを持っていたりするため、買取・査定業者は近年増えつつある状況でもあります。
 一方で査定を受けるタイミングや業者の選び方などによっては、査定額がディーラーより低くなる場合があります。高額査定を目指す場合には、数社の買取・査定業者との競合をしつつ、サービスマンの人柄などを見極め粘り強く交渉をすることをおすすめします。

買取・査定業者の口コミは参考になる?

 買取・査定業者の評価・口コミを掲載しているサイトは近年増えており、業者ごとのメリット・デメリットを把握する上で参考になる情報が多数書き込まれています。複数のユーザーによる評価点が掲載されたサイトもあるので、ユーザーごとに適した買取・査定業者を探す場合に口コミを見ることはおすすめできる方法です。
 また実際に業者を利用した人のSNSも情報として活用しておきましょう。SNSは匿名投稿でもあるので、情報の信頼性が高いとはいい切れませんが、匿名だからこその業者の見えない部分を把握する術になります。

買取・査定業者まとめ

 クルマの買取・査定業者は、各社が独自の販売ルートを保有しているので、複数社を比較することで高額査定が狙えます。ネット見積りに対応している買取・査定業者も多く、手軽に査定額を把握できる点は利用者としては嬉しいことです。ただ、問い合わせをするということは、業者も本気で買取を実施したいため、買取のための営業は頻繁に繰り返されるので注意しましょう。
 今回紹介した情報は、各社のホームページや一部の口コミ情報を元としています。実際に査定をしてもらう際は、あなたのニーズとサービスマンの人柄などを考慮しながら適した買取・査定業者を探してください。

この記事の写真一覧

最新記事