三菱 ディグニティ の新車価格・新型情報・グレード・スペック

三菱 ディグニティ

  • 三菱 ディグニティ
  • 三菱 ディグニティ
  • 販売開始年月
    1999年12月 〜 2001年05月

三菱 ディグニティ 評価・口コミ

レビュー投稿はまだ存在しません

評価・レビュー・口コミを投稿する

三菱 ディグニティ 最新スペック表

1999年12月〜2001年05月生産モデル

グレード名 4.5

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

基本情報 新車価格 999万円
生産開始年 1999年12月
駆動方式 FF
ミッション 5AT
燃料 ハイオク
燃費(WLTCモード) -km/L
総排気量 4,498cc
ドア数 4枚
乗車定員 4名
シート列数 2
ハンドル位置
寸法・重量・タイヤ 全長 5,340mm
全幅 1,870mm
全高 1,490mm
最小回転半径 6.1m
車両重量 2,150kg
前輪サイズ 225/60R16
後輪サイズ 225/60R16
エンジン 最高出力 280ps
最大トルク 412(42)/4000
過給器 -

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

三菱 ディグニティ 世代一覧

三菱 ディグニティ 世代一覧

三菱 ディグニティ 1999年世代のスペックを見る 1999年12月〜1999年12月生産

三菱 ディグニティ 1999年世代のマイナーチェンジ一覧

1999年12月〜2001年05月生産モデル

  • 三菱 ディグニティ解説

    三菱 ディグニティ解説

    ディグニティは、2000年から2001年と、2012年から2016年まで三菱自動車が販売していた高級乗用車です。車名は、英語で「威厳」を意味するもので、その名の通り、三菱が販売する最高級セダンという位置づけの車でした。

    2000年から2001年まで、59台を生産した初代ディグニティは三菱自動車が自社製造・販売をしていましたが、2代目ディグニティは、日産からOEM供給を受けて三菱が販売を行っていました。

    エクステリアは「威厳」という車名をそのまま体現したような存在感のあるプロポーションです。

    インテリアにはブラウンを基調とし、インパネやドアトリム、フロアコンソールには職人の手による銀粉本木目を採用。シートは上質でさわり心地の良いセミアリニン本革シートを取り入れるなど、最高級の居住空間となっています。ボディサイズは全長5335mm、全幅1870mm、全高1485mmと、5mを超える大柄な車体です。

    装備面では5.1chサラウンド・サウンド付きのリアプライベートシアターシステム、フロントシートヘッドレスト一体型7インチワイドディスプレイ、後席読書灯など最上級の機能を完備しています。

    搭載する3.5リッターのV型6気筒エンジンは、交流同期モーター、リチウムイオンバッテリーなどが組み合わさったハイブリッドシステムを搭載。最高級セダンにマッチした静粛性とスムーズな走り、クラストップレベルの環境性能を全てクリアしています。

    中古車市場では、もともと最高級セダンという位置づけであることから、現在でも167.4万円(2020年4月調べ)という相場価格になっています。

三菱 ディグニティ 関連車種

三菱 ディグニティの中古車

三菱 販売中車種一覧

三菱 販売中車種一覧

メーカーから新車を探す

メーカーから新車を探す

タイプから新車を探す

タイプから新車を探す