ロータス エスプリ1993年01月 〜 2003年12月生産世代の価格・新型情報・グレード諸元

ロータス エスプリ

ロータス エスプリ

  • ロータス エスプリ
ロータス エスプリ 最新スペック表

ロータス エスプリ 1993年01月 〜 2003年12月生産世代

1993年01月〜2003年12月生産モデル

グレード名 V8-SE

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

基本情報 新車価格 1,180万円
生産開始年 1993年1月
生産終了年 2003年12月
型式 E-FCLP
駆動方式 MR
ミッション 5MT
ドア数 2枚
乗車定員 2名
シート列数 1
ステアリング・位置 不明
福祉車両 -
寸法・重量・タイヤ 全長 4370mm
全幅 1880mm
全高 -mm
室内長 -mm
室内幅 -mm
室内高 -mm
ホイールベース 2420mm
最低地上高 -mm
最小回転半径 -m
車両重量 1380kg
フロントタイヤ 235/40ZR17
リアタイヤ 285/35ZR18
エンジン エンジン型式 -
過給器 ターボ
総排気量 3506cc
最高出力 350ps
最大トルク/回転数 400(40.8)/4250
燃費(WLTCモード) -km/L
燃費(WLTCモード)市街地 -km/L
燃費(WLTCモード)郊外 -km/L
燃費(WLTCモード)高速 -km/L
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 -リットル
ボディカラー 標準色 -
オプション色 -

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

ロータス エスプリ 世代一覧

ロータス エスプリ 世代一覧

ロータス エスプリ 1993年世代のスペックを見る 1993年01月〜1993年01月生産

ロータス エスプリ 1993年世代のマイナーチェンジ一覧

1993年01月〜2003年12月生産モデル

  • ロータス エスプリ解説

    ロータス エスプリ解説

    エスプリは1976年から2004年までロータスが販売していたクーペ・オープンです。「ヨーロッパ」に代わる新たなミッドシップスポーツカーとしてエスプリを開発しました。ランボルギーニやフェラーリに対抗しスーパースポーツ路線に転向した事が特徴です。

    ボディデザインを担当したのはイタルデザインのジウジアーロです。ロータスはジウジアーロのエンジン搭載用シャーシをもとに描いたスケッチを見て量産化を決定し、そうして誕生したのがエスプリです。エスプリのデザインは「ウェッジシェイプの名作」と言われています。くさび状に前下がりに成形した車という意味です。

    エクステリアはジウジアーロらしい鋭角なラインと平面を持つ斬新でシンプルなデザインが特徴です。ボディは炭素強化樹脂を人の手で成形する手法を取っており、907型エンジンをミッドシップに搭載しました。

    ボディサイズは全長4191mm、全幅1860mm、全高1111mmです。静粛性にも配慮がされており、操縦席とエンジンベイの間には、防音性の高い船舶用プライウッドパネルが採用されました。

    エンジンは2リッター直列4気筒DOHCを搭載。最高出力は162ps、最大トルクは19.4kgf・mを発揮します。トランスミッションにはシトロエン・SM用の5速MTが設定されています。

    現在、ロータスのエスプリを中古車で購入したい場合、平均で約630万円という価格帯となっています。(2020年6月調べ)

    良質な車体と出会ったら、早期の購入をおすすめします。

ロータス エスプリ 関連車種

ロータス エスプリの中古車

ロータス 販売中車種一覧

ロータス 販売中車種一覧

メーカーからクルマを探す

メーカーからクルマを探す

タイプからクルマを探す

タイプからクルマを探す