ケータハム セブン160の価格・新型情報・グレード諸元

ケータハム セブン160

ケータハム セブン160

ケータハム セブン160 最新スペック表

ケータハム セブン160 最新スペック表

2016年09月〜2020年08月生産モデル

グレード名 160 160S

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

比較リストへ追加

基本情報 新車価格 370万円 400万円
生産開始年 2016年9月 2016年9月
生産終了年 2020年8月 2020年8月
型式 - -
駆動方式 - -
ミッション 5MT 5MT
ドア数 0枚 0枚
乗車定員 2名 2名
シート列数 1 1
ステアリング・位置
福祉車両
寸法・重量・タイヤ 全長 3100mm 3100mm
全幅 1470mm 1470mm
全高 1090mm 1090mm
室内長 -mm -mm
室内幅 -mm -mm
室内高 -mm -mm
ホイールベース 2225mm 2225mm
最低地上高 100mm 100mm
最小回転半径 -m -m
車両重量 490kg 490kg
フロントタイヤ 155/65R14 155/65R14
リアタイヤ 155/65R14 155/65R14
エンジン エンジン型式 K6A K6A
過給器 ターボ ターボ
総排気量 658cc 658cc
最高出力 80ps 80ps
最大トルク/回転数 107(10.9)/3400 107(10.9)/3400
燃費(WLTCモード) -km/L -km/L
燃費(WLTCモード)市街地 -km/L -km/L
燃費(WLTCモード)郊外 -km/L -km/L
燃費(WLTCモード)高速 -km/L -km/L
使用燃料 ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 36リットル 36リットル
ボディカラー 標準色 無塗装アルミボディー 無塗装アルミボディー
オプション色 ケータハムオレンジ、ケータハムブラック、ケータハムレッド、ケータハムイエロー、バイパーブルー、プラチナシルバー、ガンメタリック、ネオクラシックグリーン、ルーレットグリーン、クリスタルホワイト ケータハムオレンジ、ケータハムブラック、ケータハムレッド、ケータハムイエロー、バイパーブルー、プラチナシルバー、ガンメタリック、ネオクラシックグリーン、ルーレットグリーン、クリスタルホワイト

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

比較リストへ追加

ケータハム セブン160 世代一覧

ケータハム セブン160 世代一覧

ケータハム セブン160 2016年世代のスペックを見る 2016年09月〜2016年09月生産

ケータハム セブン160 2016年世代のマイナーチェンジ一覧

2016年09月〜2020年08月生産モデル

  • ケータハム セブン160解説

    ケータハム セブン160解説

    ケータハムは、2014年4月1日より、日本での「セブン160」の販売を開始しました。新型ライブアクセルを採用したこのモデルは、ケータハムのラインナップの中で、最も身近に楽しむことができるセブンです。

    セブンのライブアクセルリアサスペンションとコンパクトエンジンは、驚異的なパフォーマンスとハンドリングがダイレクトに走行に繋がるという魅力を初期セブンから継承。日本でのセブンシリーズのエントリーポイントを代表するモデルです。

    重量は500kg未満と軽量でありながら、わずか6.9秒で時速100キロに到達。トップスピードは時速160kmを誇ります。

    エンジンはスズキ自動車製の660ccスーパーコンパクトエンジンを搭載。車体自体が軽量であることにより、ケータハムの伝説的なハンドリング特性をそのままに、完璧といえるパフォーマンスと純粋なドライビング体験を手に入れました。この新モデルが、日本におけるケータハムのラインナップに新水準の燃費と価格に見合った価値を導入することになります。

    英国製自動車に求められるパフォーマンス基準を満たすため、ケータハムグループ・エンジニアリングコンサルタント部門、ケータハム・テクノロジー・イノベーションが、サイズ、エンジン排気量ともに日本の軽自動車規格を満たすよう設計。日本の厳格な軽自動車規格を遵守しつつ性能を向上させました。軽自動車部門に新水準のドライビングの楽しさを提供しています。

ケータハム セブン160 関連車種

ケータハム セブン160の中古車

ケータハム 販売中車種一覧

ケータハム 販売中車種一覧

メーカーからクルマを探す

メーカーからクルマを探す

タイプからクルマを探す

タイプからクルマを探す